オダギリジョー、共演者のベタ褒めに恐縮「今度、お食事でも…」


スポンサーリンク


ようこそ!

今日もやってきてくれたユーザー様の為に、

当サイトはニュースを投稿し続けます。

最近はストレスの多い社会だと言われてますが

時折リセットすることができていますか?

どんな季節でも、少しばかりぬるめの湯船にじっくりと

入るように意識してみると体力がストックできるらしいですね

今日のところは、あちこちで噂になっているニュースをお伝えします。

魚喃キリコの恋愛コミックを映画化した『南瓜とマヨネーズ』の完成披露上映会が10月10日(火)、都内で行われ、主演を務める臼田あさ美、共演する太賀とオダギリジョー、冨永昌敬監督が出席した。

【画像】主演を務めた臼田あさ美


スポンサーリンク


ライブハウスで働く主人公のツチダ(臼田さん)が、ミュージシャンを目指す同棲中のヒモ男・せいいち(太賀さん)と突然、目の前に現れた忘れられない元カレのハギオ(オダギリさん)の間で揺れ動く。切なく繊細な恋模様の行方は?

本作の映画化について、臼田さんは「お話をいただいたのは3年前。やっと去年に撮影し、ここまでたどりついた」と感無量の面持ち。一方、冨永監督は「実は(話を)通さないといけないところを通さず、臼田さんにフライング気味で伝わってしまって…。もちろん、主演は臼田さんじゃなければ、という思いがあった」と明かしていた。

話題が男性2人の間で揺れるツチダの思いに及ぶと、臼田さんは「私として、(太賀さん演じる)せいちゃんとの関係を築き上げていたので、ご本人には言いにくいんですが、オダギリさん、私の気持ちを崩せるかなって(笑)。でも、お会いした瞬間『せいちゃん、負けたな』って」とオダギリさんの魅力をベタ褒め!

恋敵であるはずの太賀さんも「すっかり、オダギリさんの人間的な魅力のトリコになってしまった。臼田さんとオダギリさんの撮影があると知って『頼むから、行かないで』と思ったほど」と白旗をあげた。

そんな2人のコメントに、オダギリさんは「今度、お食事でも…」と恐縮しきり。主演作『エルネスト』での過酷なキューバロケを終えた直後に、本作の撮影に参加し「キューバがあまりに大変だったので、この作品でストレス発散させていただいた」と大人の余裕を見せ、「やっぱり最高ですね。今回もすごくいいっすよ」と『パビリオン山椒魚』以来11年ぶりとなる冨永監督との再タッグを喜んでいた。

『南瓜とマヨネーズ』は11月11日(土)より新宿武蔵野館ほか全国にて公開。

引用:オダギリジョー、共演者のベタ褒めに恐縮「今度、お食事でも…」


スポンサーリンク