アルカラツアー千秋楽に滝善充、菅原卓郎ら登場「すごいな、音楽ってな」


スポンサーリンク


お忙しい中このブログに遊びにきて頂いて、喜びの限りですね

書き込む活力もじわじわと上がっております。

それでは、本日の情報に入っていきますよ

アルカラの全国ツアー「KAGEKIにやってくれないかチュアー」のファイナル公演が、1月27日に東京・Zepp DiverCity TOKYOにて行われた。

【写真】稲村太佑(Vo, G)(撮影:西槇太一)(他20枚)

10月27日のツアー初日目前に田原和憲(G)がバンドを離れ、急遽サポートギタリストを迎えて全国を回ってきたアルカラ。この日のツアーファイナルでは為川裕也(folca)と滝善充(9mm Parabellum Bullet)がサポートを務めた。

1曲目「3017」の途中でステージ前方の紗幕が落とされ、メンバーの姿が現れるとフロアには大歓声が響く。その後は疋田武史(Dr)のドラムソロから「如月に彼女」、さらに「アブノーマルが足りない」「キリギリスのてんまつ」といったナンバーを連発し、オーディエンスを熱狂させた。あまりの盛り上がりぶりに稲村太佑(Vo, G)は「ホンマに俺なんかな? むっちゃカッコいいわ!(笑)」と手応えを見せていた。

「スペシャルサポートギターヒーロー(SSGH)」として為川を紹介したあとは「HERO」「さ・あ・な」そして稲村のアコースティックギターの弾き語りをベースに聴かせた「銀河と斜塔」を披露。続く稲村のロングMCでは「雪歩き キュキュキュという音 いとをかし」「DiverCity 1月やるのは 二度目です」「節分前 ロックの鬼(BRAHMAN)と 対バンです」と稲村が俳句を披露したり、ツアーグッズをラップ調で紹介したりと破天荒なトークでオーディエンスを楽しませた。

下上貴弘(B)がアップライトベースを、稲村がバイオリンを奏でたインスト曲「箱」に続いては稲村曰く「ロック界ギタリスト30代部門ぶっちぎりの1位、ロック界の葉加瀬太郎」だというサポートメンバーの滝を「SSSSSSSGH(すげーすげーすげーすげーすげーすげーすげーギター弾く!!)」と紹介。「はじまりの歌」「半径30cmの中を知らない」「水曜日のマネキンは笑う」などキラーチューンを連発し、さらに滝とアルカラがスタジオに入っているときにできたという新曲もサプライズで披露し、ファンを熱狂させた。

滝と入れ替わりに為川がステージに戻ると、稲村は今回のツアーの幕開けを「アルカラも15周年を迎えてこのまま過激に過激にやっていこうとしてたら、ツアー前から過激なことが起きてしまいましたよ!」と振り返り、大ピンチの状況の中でさまざまな人から応援のメッセージを受け取ったと明かす。そして「9mmの(菅原)卓郎くんからも『アルカラ大丈夫? なんかあったらすぐ助けに行くよ』ってメールが来てね。すごいな、音楽ってな。やっててよかった。俺みんなを感動させようと思って音楽やってるつもりでしたけど、なぜか自分がみんなのおかげで感動してます。本当にどうもありがとうございます」と感謝を述べた。


スポンサーリンク


「ミ・ラ・イ・ノ・オ・ト」「防御線の果て」「やるかやるかやるかだ」を畳みかけたあと、稲村は「このツアーでずっと言ってるんで、ファイナルでも言わせてください。来世もアルカラやろうと思ってます。お前ら来世はアルカラのメンバーだぜ? 観てもらってわかった通り、誰が入っても日本一のギタリストが入ってもアルカラはアルカラやろ?」と力強く宣言。「さすらい」で本編を締めくくった。

アンコールでは稲村が恒例の女装で登場し、滝と共になぜかLUNA SEAの「BELIEVE」「WISH」を演奏してフロアを沸かせる。稲村、為川、滝のトリプルギター編成で「キャッチーを科学する」を披露したあとは先程のMCにも登場した菅原卓郎(9mm Parabellum Bullet)と武田将幸(HERE)が現れ、「チクショー」をパフォーマンス。ツインボーカルとギター4本の壮絶な演奏に、場内はこの日一番の盛り上がりとなった。

全員がステージを去ったあとはアルバム「KAGEKI」ボーナストラックのラジオ音声が流れる中、「アルカラの30周年記念ライブ」という設定の中でレポーター役のスタッフ・金谷雄二がオーディエンスへの無茶振りインタビューを実施。そして白髪のウィッグをかぶったアルカラの4人と滝がステージに登場し「RADIOから聴こえるJ-POP」を披露した。稲村は「みんなのおかげで30周年を迎えることができたよ!」と笑わせつつも「まだまだ高みを見て、来世へつなげる音楽を作り続けるからな!」と力強く宣言した。このライブの模様は3月24日にスペースシャワーTVにて放送される。

アルカラ「KAGEKIにやってくれないかチュアー」2018年1月27日 Zepp DiverCity TOKYO セットリスト
01. 3017
02. 如月に彼女
03. アブノーマルが足りない
04. キリギリスのてんまつ
05. HERO
06. さ・あ・な
07. 銀河と斜塔
08. コンピューターおじさん
09. シェイクスパイ
10. 箱
11. はじまりの歌
12. 半径30cmの中を知らない
13. 水曜日のマネキンは笑う
14. 新曲
15. デカダントタウン
16. ミ・ラ・イ・ノ・オ・ト
17. ひそひそ話
18. ランボー
19. 防御線の果て
20. やるかやるかやるかだ
21. LET・IT・DIE
22. さすらい
<アンコール>
23. キャッチーを科学する
24. チクショー
25. RADIOから聴こえるJ-POP

スペースシャワーTV「アルカラ ライブ&ドキュメンタリー『KAGEKIにやってくれないかチュアー』ファイナル」
2018年3月24日(土)24:00~24:30

引用:アルカラツアー千秋楽に滝善充、菅原卓郎ら登場「すごいな、音楽ってな」


スポンサーリンク