アニメ『お酒は夫婦になってから』キャスト喜多村英梨&市来光弘インタビュー「氷砂糖


スポンサーリンク


ごきげんよう。管理人です!!

驚くようなニュースが起きたら、

ブログも書きたくもなりますよ

じゃあ本題に入りましょう。

 小学館の無料マンガサイト『やわらかスピリッツ』に連載中のコミック『お酒は夫婦になってから』(原作:クリスタルな洋介)がアニメ化され、10月3日よりTOKYO MXほかにて放送スタートする。美人で仕事もできるキャリアウーマンの水沢千里が、毎回夫・壮良が作るさまざまなカクテルで“しふく”のひと時を楽しむイチャイチャ夫婦コメディ。今回、キャラクターボイスを演じる、水沢千里役・喜多村英梨と、水沢壮良役・市来光弘に、作品の魅力や、役作りについてインタビューした。

【写真】アニメ『お酒は夫婦になってから』のキービジュアル

◆『お酒は夫婦になってから』
水沢千里役・喜多村英梨&水沢壮良役・市来光弘インタビュー

「皆さんの“しふく”な時間を彩れるように、頑張りたいです」

――それぞれが演じる千里と壮良役の印象を教えていただけますか?

喜多村「とにかく可愛い! 仕草一つひとつが小動物のような可愛さを持っています。キャリアウーマンとしてのビジネスモードと、壮良の前でのデレモードのメリハリの利いたコロコロ変わる2つの顔を持っていて、やるときはやる女、ダメなときなデレっとダメになるダメジョな可愛い感が魅力だと思います。クリスタルな洋介さんのマンガを読んでいると、とにかくいろんなパターンで可愛い“しふく顔”を描きたいんだろうなっていう見解です」

市来光弘「率直に思ったのが、懐がデカすぎるという…。こんなに優しく、しかもただ優しいだけでなく、家事もでき、当然仕事もできているっていう『パーフェクト超人』ぐらいの勢いという印象を持ちました。容姿も可愛く、カッコよくもあるという。これは、先生がやはりそういう男性に憧れているのか…」

喜多村「…先生自身がそうなのか? 全てのちーちゃんを肯定するという、悟りを開いているぐらいで。なかなか大人としても男としてもステイタスは高いよね」

市来「甘やかすだけじゃないという。菩薩のような男です(笑)」

――役に決まったという連絡をもらっての感想は?

喜多村「『ウッソだろ?! ざっけんなよ!』が喜多村さんの感想。オーディションの段階から、総監督のひらさわ(ひさよし)さん自ら、千里のキャラクターや声のニュアンス、(決めゼリフの)“しふく!”のバリエーションを、細かくディレクションしてくださるという、とても丁寧な形のオーディションでした。でも、そのときから何度もいってました『私じゃねえだろ!』と。千里のビジネスモードは出来るかもしれないんだけど、超絶上手に甘えるちーちゃんの甘さとナチュラルさが、私だと“玄人感”が出てしまうんじゃないかという不安があって。それを素直に述べたうえでオーディションを受けたんですが、フンフンという頷きと大爆笑をミキサールームから背中一身に受けて。『何がこのスタッフさんの琴線に触れたんだ?』って思いながら、オーディション会場を後にしたので…」


スポンサーリンク


市来「原作やオーディションの原稿を読んだとき、当然これはやりたいなと思う役だったし、自分のイメージにハマりそうな役だなという思いが出てきていたので、こうやって勝ち取れて嬉しかったですね。彼にちょっと近づこうと思って、オーディション受ける段階から、簡単なものですけどお酒を作ってみたりして。そのお陰で、こうやって取材を受けられているかも知れないので、これからもお酒作っていこうと(笑)」

――実際にどんなカクテルを作ったんですか?

市来「コンビニで買えるようなワインやコーラで、原作にもある『カリモーチョ』を作ったり、白ワインとジンジャーエールで『オペレーター』を作ったりしました。基本甘いものが好きなので、その2つはお気に入りですね。外でもジンジャーハイとかを飲むので、甘いもの系のお酒が好きなのかな」

――ここまで演じてみての感想や見どころをお願いします。

喜多村「原作を読んでいる方は、それぞれちーちゃんの萌えポイントが違うんじゃないかなというぐらい表情が豊かなんです。ワタワタしてたりドヨ~ンとしてたり、愛らしい表情がたくさん出てくるので、息のニュアンスだったり、笑顔のこぼれた笑いだったり、ハッとした瞬間の気付きのアドリブとか細かい部分で、アニメならではのニュアンスで増幅させたいと思いました。お酒を飲んだあと“しふくー!”って言ってからミニキャラになるんですけど、お酒をのんだちーちゃんの“宝石箱や~”的な感想があるんですね。その辺の“グダっと感”だったり、キャッチー・ポップ・キッチュな感じはアニメならではだと思いながら演じさせてもらっています」

市来「包み込むような優しさが、アニメでも原作でも変わらない壮良くんの魅力だと思っているんですが、ただ優しいだけでなく、芯の強い部分もあることが原作を読むと見て取れて。今後アニメでも、まだまだ彼の魅力が見えてくるんじゃないかなって思います」

――喜多村さんは、飲む前と飲んだ後のキャラクターをどう演じ分けていますか? “しふく”の台詞を言うときにイメージしていることは?

喜多村「一回めのアフレコでは、ひらさわさんの“しふく”へのこだわりが強くて。“お~いし~い!”っていう解き放つ感じや、“しみじみ~”というパターンとか、細かく色を付けてくださったので、それに順じて技術的に乗っけていったという感じです。二回目のアフレコでは“かなしふく~”とか応用編が出てきて、そこは私が用意してきた芝居が通った感じです。回が進むにつれて様々なパターンが出てくるので、楽しんでいただけたらと思います。甘々な喜多村の芝居をぜひご堪能ください」

――アニメの放送を楽しみにしているファンにメッセージをお願いします。

喜多村「アニメでも、皆さんの“しふく”な時間を彩れるよう、頑張りたいと思います」

市来「さまざまなお酒のレシピが出てくるので、僕みたいに試しに作ってみていただけたらいいなって思います。一話ごとにほっこりする展開もあれば、氷砂糖が口から出てくるような甘~い展開が待ち受けております。それを、“あの”喜多村英梨さんが演じております(笑)。収録のときは僕もニッコニコして聞いておりますので、皆さんもニコニコしながら、壮良とちーちゃんを見守っていただけたらと思います」

◆『お酒は夫婦になってから』あらすじ
無口だけど、優秀な美人主任・水沢千里には、夫の壮良しか知らない秘密がある。それはお酒が大好きで酔うととっても可愛くなってしまうこと! 今晩も、ソラの作るカクテルで、ちーちゃんは、“しふく”なほろ酔い気分。日本一のイチャイチャ夫婦の“酔いデレ”カクテルコメディー。
【放送日程】
・TOKYO MX 10月3日(火)25:00~
・サンテレビ 10月3日(火)26:00~
・GYAO !10月3日(火)25:00~以降、毎週火曜放送・配信

引用:アニメ『お酒は夫婦になってから』キャスト喜多村英梨&市来光弘インタビュー「氷砂糖が口から出てくるような甘~い展開が待ち受けております」


スポンサーリンク