「うまれて!ウーモ ワォ」の発売記念イベントに、はじめしゃちょー登場


スポンサーリンク


ごきげんよう!日に日にアクセス数が上がっているので、

ありがたい気持ちであふれかえっています。

見にきていただき、モチベーションに繋がっています

体の具合は維持できていますか?

カッチカチに凝り固まった心と体を柔らかくさせるには柑橘系の

芳香成分に包まれると改善されますよ

 日本トイザらスとタカラトミーは10月7日、千葉県船橋市のららぽーと TOKYO-BAYにて「うまれて!ウーモ ワォ」の発売記念イベントを開催した。このイベントではユーチューバーのはじめしゃちょーさんと、よっちさんが登壇、小学生ユーチューバーと共に新製品の「うまれて!ウーモ ワォ」をアピールした。

【この記事に関する別の画像を見る】

 イベントの最初、よっちさんが司会を務める中、「はじめしゃちょーはトラブルで遅れている」という連絡。会場は楽しみにしていたゲストの遅刻にざわつく。日本トイザらスのマスコットキャラクター・ジェフリーが場を繋ごうと奮闘していると、突然舞台袖に置いてある卵から殻を突き破ってはじめしゃちょーが登場。会場からは拍手と歓声が上がった。

 「卵の殻を突き破る」というのは「うまれて!ウーモ」シリーズの基本コンセプトだ。ユーザーが卵を手で温めることで中に炒るウーモが徐々に活動を活発にしていき、卵の殻を突き破って外に出る。その後も話しかけたりなでることで成長する、自分で小鳥を育てるような感覚が味わえるのがシリーズの魅力である。

 最新作である「うまれて!ウーモ ワォ」の“卵”の特徴は従来の卵より1周り以上大きいこと。会場でははじめしゃちょーさんと、よっちさん、そして応援に駆けつけた小学生ユーチューバーが卵を温めつつ、会場の来場者と「アンケートの人数を当てる」というゲームをして楽しんだ。はじめしゃちょーさんと、よっちさんがチームを組んで対戦、「10が10日生まれの人は何人いるか」という問いに対して、両チームが数字を出し合い近い方が勝利、というルールだ。

 勝ったのははじめしゃちょーチーム。チームが温めていた卵の上部にひびが入りウーモが飛び出してきた。卵から取り出すと……小学生ユーチューバーが「もう1匹いるよ!」と叫んだ。そう、「うまれて!ウーモ ワォ」は双子のウーモが生まれるのだ。


スポンサーリンク


 「うまれて!ウーモ ワォ」は双子のウーモで遊べるのが大きな特徴だ。2匹には個性があり、片方がダンスが得意で、もう片方はおしゃべりが好き。リズムゲームやものまねなどで遊ぶこともできる。

 ウーモは「ベビーウーモ」、「キッズウーモ」、「ジュニアウーモ」と成長していく。2匹のウーモを向かい合わせるとお互い話しかけながら“おしゃべり”を行なっていくが、成長すると片方が歌う音楽に合わせてもう片方がダンスをするなど凝ったリアクションを見せるようになるという。

 会場では改めてウーモとはじめしゃちょーの人気を実感できた。ウーモは昨年発売された第1作が30万個を超える大ヒット、その後のバージョンも人気だという。今回は会場で「うまれて!ウーモ ワォ」を購入したユーザーがイベントの観覧席には入れたのだが、1時間以上前で250人を超える参加者があった。年齢層的には、小学生、中学生が多かったようだ。

 イベントでは購入者がその場でパッケージを開け、ステージと同様に卵を温めて、卵をかえしていた。抽選で選ばれたユーザーのウーモにははじめしゃちょーさんが名付け親になった。見学者も非常に多く、盛り上がったイベントとなった。

【うまれて!ウーモ ワォの遊び方紹介】

【イベントの様子】

【うまれて!ウーモ ワォ】

GAME Watch,勝田哲也

引用:「うまれて!ウーモ ワォ」の発売記念イベントに、はじめしゃちょー登場


スポンサーリンク